LCC(格安航空券)って何?

 

LCCってどういう意味?安かろう悪かろうじゃないの?

LCCとはローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略で、直訳すると「低費用運搬」です。人間を安く運んでくれる飛行機という意味になるので、格安航空券と言われます。その逆はレガシーキャリア(Legacy Carrier)で、日本だと2大航空会社がそれにあたります。値段を比べると通常数万円かかる運賃がLCCだと数千円で済むこともあり、国内旅行でも利用者が増えています。格安なので、安全面やサービスは大丈夫かと不安になるかもしれませんが、決して安かろう悪かろうではありません。特に国内の数時間であれば、不必要なサービスがない分費用を節約してお得に旅行することができます。旅先の思い出にお金を使いたい人向けの航空券です。

具体的にどこが違うの?

まず安全面ですが、パイロットはもちろん免許を持っていますし、アテンダントもきちんと採用された人材ですのでLCCだから安全性が低いことはありません。レガシーキャリアと同じく救命胴衣のレクチャーもありますし、離陸前、着陸前の機内チェックもしっかり行われます。座席はレガシーキャリアよりは狭い場合が多いようですが、追加料金で広い座席を選ぶこともできます。不必要なサービスを削って運賃をお手頃価格で提供しているため、手荷物預かりや機内の飲み物などのサービスは基本的に有料になりますが、飲み物は持ち込みできますし、国内の身軽な旅行であれば荷物を預ける必要がない場合もあると思われます。その場合は特に追加料金がかからないので、格安の運賃だけで移動することができますよ。

格安航空券は事前に予約をしたうえで購入します。また、販売会社によってはネットでの受付に限定するなど制約が設けられているので、利用の際は手続きがしやすい航空券の予約サイトを選ぶのが良い方法です。