格安航空券の賢い買い方

 

航空券の概要を知ろう

航空券には、普通運賃航空券とPEX航空券、格安航空券の3種類があります。この3種類の航空券にはそれぞれメリットもあればデメリットもありますので、しっかり把握して購入することです。

普通運賃航空券は、定価で買う航空券のことです。価格は高めですがスケジュールなどに融通が利きます。PEX航空券は、割引率は航空各社でまちまちですが、シーズンによっては低価格で利用でき、正規割引航空券と呼ばれています。格安航空券は、航空会社がツワー用に設定したものでかなり安い価格で購入でき、通常ITチケットと呼ばれています。

航空券は安くなればなるほど制約が厳しくなるという難点があります。格安航空券になると経路変更や日程変更をするのは難しく、可能でも追加料金が必要だったりするので、購入時はしっかり計画を立てて当日になって変更することのないようにすることです。

格安航空券を選ぶポイント

格安航空券を購入するためには航空会社か旅行代理店に電話するか出向くかのどちらかを選ぶことになります。しかしインターネットを使用すれば、わざわざ出向くことの煩わしさから解放されます。インターネットであれば365日・24時間どこからでも受け付けてくれて、無駄な手数料も払うことはありません。

しかし格安航空券には、安い価格で購入できるというメリットがあり、国内で利用しても大変役立ちますが、デメリットとしてキャンセルや搭乗変更がし難いということです。仮にできたとしても高額なペナルティを取られます。

確実な計画の上で求めるのであればメリットは大きいですが、予定がはっきりしない場合は普通運賃航空券を選んだ方がよい場合もあります。