目的や目的地によって航空会社を使い分けよう

 

地方活性化と格安航空会社

大手航空会社は東京羽田が拠点です。格安航空会社は東京に本社がある所もありますが多くは地方にあります。これにより地方に出かける人も増えました。又東京や大阪、名古屋等に地方から出かける人も増えています。人の移動が格安航空会社により盛んになり、地方の活性化に結果大きく貢献しているとも言えます。格安航空会社の機内では、その地方の食材を使った食べ物やスープ等を販売しています。地方の雰囲気が機内で楽しめるのも特徴です。そして格安航空会社ならではの地元の紹介も機内で行います。路線についてはその地方や都道府県内の離島へ直行する事もあります。なので路線図を地方同士の移動の場合は確認する事が大切です。利用する事で行きたい場所が見つかるかも知れません。

格安航空会社の路線便数

大手航空会社なら1日に何便も航空機が飛んでいます。なので空港カウンターには早朝から人も沢山集まっています。一方予算削減もある為格安航空会社になると、路線を増やす事がそうそうには出来ません。しかし多い場所なら5回の往復便が1日にある所もあります。この場合は朝昼晩の搭乗便が、ある場合があるので早めの予約が必要です。逆に1日に1便しか無い路線もあるので、確認を予約をする前にして置きます。路線の中には地方から地方へ就航している便もあるので、お得と安さを目指すならこれを利用する事です。そして別の空港へ行ったり遠回りをして、いちいち目的地を目指す必要はありません。只格安航空会社の路線便は、予定通り到着している確率が低いと言う問題もあります。